※映像が表示されるまで時間がかかる場合があります。

トップページへ戻る

大般若転読会とは

大般若転読会とは、大般若経600巻を短時間に読み上げる法要です。数名の僧侶が巻物仕立ての経を転がしながら目をとおすことから出た言葉ですが、法要には折り本を用い,表裏の表紙を両方の手で支え,経巻を右または左に傾けながら本文の紙をぱらぱらと一方へ落とすようにします。そのとき,経題だけは毎巻大声で読み上げます。
(※スマートフォンではパケット負荷に配慮させていただき、写真表示となります。)

トップページへ戻る